初心者が買ってはいけない株とは!?

多くの株を購入しようとする男性
株は証券会社の口座を持っていて、貯金に余裕がある人であれば資産家でない普通の会社員、また主婦であっても購入することは可能です。
バブルがはじけて日本株もかなり格安になりましたし、また大手の株であっても1000株から100株で購入できるようにもなり、普通の人でも株は買いやすくなりました。
ですが、株の初心者は調子に乗って多くの株を購入しないほうが良いです。
株というのは調子良く上がる時もあれば、どうしようもなく下がり続けて損失を出し続けてしまうこともあるからです。
長年株の投資を続けている人であれば、売り時と買い時を大体わかっていることもあるので、大きな損失になるのを防ぐこともできるものです。
株を始めたばかりの初心者であればそれがわからないので、株を買った最初は儲かっても、最終的には損をしてしまうことも多いです。
ですから初心者は最初はできるだけ損を出さないことを中心に取引をしていくと良いでしょう。

そして株はどの株を買っても自由ですが、初心者は買わないほうが良い株というのもあるので、初心者はまずは買ってはいけないものを知りましょう。
そして買ってはいけないのは良く分からない企業のものです。
何の会社かわからないので愛着ももてないですし、下がっても何故下がるのかがわからないことがほとんどだからです。
ですからまずは値動きの差が激しくない銘柄を選び、監理銘柄や整理銘柄にならなさそうなものを選びましょう。
こうした監理銘柄や整理銘柄を買わないようにするには、売り上げが悪いのに高配当を続ける会社や、優待が豪華であるということを続けている会社は選ばないようにするということが大事です。
優待や配当で人を引き付けているだけで、実際は赤字経営で上場廃止になってしまう危険性もあるので、あまりにも優待や配当に力を入れている会社は注意してみましょう。
監理銘柄や整理銘柄はすぐに上場廃止になってしまうわけではないですが、初心者は避けたほうが無難です。

信用取引で損失を拡大することもあるので初心者は厳禁

そして初心者の場合、まずは人気な株を購入することも多いです。
人気な株は優待や配当に魅力があることも多いですが、決算での成績が良くこれからも人気が上がってきそうなものでもあります。
ですが人気のものは割高であることも多いので、優待目当てであれば信用取引でお得に優待だけを獲得してみても良いでしょう。
普通は値が上がることによって利益がでますが、信用取引の場合はその逆で、値が下がることによって利益がでる仕組みです。
大抵優待の権利日が近くなると値が上がって、権利日が過ぎると値が下がるものですが、信用取引は値が下がることによって利益がでるので、優待の権利日が過ぎて値が下がる法則を利用した取引でもあります。
信用取引も売るタイミングが必要ですし、信用取引に失敗すると損失を抱えてしまうことにもなるので、初心者にはおすすめできない取引方法でもあります。
最初は自分の貯金の範囲内で人気な株を購入していくと良いでしょう。

また、人気な株でも日経平均に合わせて下がるタイミングというのがあるので、そういった下がった時を狙って安く購入するのがコツです。
人気な株であっても急に監理銘柄や整理銘柄になってしまうこともあるので、購入する時は経済ニュースや決算情報なども参考にして納得できるものを購入するようにもしましょう。
監理銘柄や整理銘柄になってしまった時も、倒産ではないので、価値が全くなくなるわけではないですし、買収などで公開買い付けになったような時は利益が出るようなこともあるので、どんな場合でも冷静になって最も良い売り時というのを探るようにしましょう。
初心者とプロの違いは、売り時の上手さでもあります。