投資用マンションとは?物件選びについて

投資用マンション
投資といってもいくつかの種類があり、その中でも安定的な収入を得られるとして人気があるのが不動産投資です。
不動産投資のメリットとしては実物資産であり、また普遍的な価値がある不動産ですから金融投資と異なってその価値がゼロになるといったリスクがないのが魅力です。
節税や相続対策、また将来的な現金収入を得られるといったことも魅力です。
その一方で不動産投資といっても種類はさまざまで、選び方が重要になってきます。

一般的な不動産としてはマンションやアパート、テナントビルなどの建物を誰かに貸し出すことによって賃料を得る賃貸物件ですが初期投資にかかる費用が大きく大量の資金が必要になります。
一方で駐車場の場合には初期投資が少ないものの収益性はマンションやアパートと比べて少なめです。

このため、不動産投資をするのであれば賃貸物件が適していますが、さまざまな要素からマンション投資がもっとも安定しています。
特にマンションといっても一棟買いであれば億単位の資金が必要ですが、部屋単位であれば数千万円程度の価格で購入することができます。
もちろん、投資として購入するのでローンを組んで購入しても賃料収入が発生するので、購入した価格をまるごと負担することはないので、家を購入するよりも容易です。
また不動産投資は相続対策としても有益ですし、ローン返済中は節税を行うことができ、ローンの返済が完了すれば継続的に現金収入を得ることが可能です。

一方でマンションを購入しても選び方が悪ければ思ったような結果にならないというリスクも存在します。
基本的には誰かが利用してくれることで収益を得るわけですから、マンションが魅力的であることが選び方の基本です。
このため周辺環境が整っている、管理が行き届き、設備も安心して利用できるものなどの条件があります。
もちろん選び方では立地の需要も重要で、需要のある地域のマンションであることが投資として行うためには重要です。

投資用マンションの探し方と購入までの流れ

投資用マンションの選び方は、第一には需要と立地ですが、これらは周辺環境で見ることができます。
例えばファミリータイプに人気があるのが学校や公共施設などがある地域です。
もちろん買い物ができるお店が多いことも重要です。
一方でワンルームタイプの場合には周辺環境よりも公共交通機関に近いところの方が需要があります。
また公園が近いところの方が周辺環境が良いといえます。

当然ながら、そのような周辺環境の良い場所ではマンション価格は高くなる傾向にあります。
しかしマンション価格が高いもののそれだけ賃料収入を得られやすいので現金収入を得つつ節税や相続対策にも使うことができます。

一方で注意しなければならないのが価格で、あまりにも相場より安いものは注意が必要です。
価格を下げるということは、何らかの問題があると考えられます。
それでも節税や相続対策として使うことができますが、将来的な現金収入が少なくなるリスクがあります。
価格が安い理由としては設備が良くないことや、管理が行き届いていないといったことが考えられます。
特に管理と設備をいかに行うかがマンションを長持ちさせるかに関わってきますから、管理と設備がずさんな場合には注意が必要です。

投資用マンションを購入する場合には、不動産業者に依頼すれば簡単に探すことができます。
自身が住まないからといっても管理が適切に行われているか、設備に問題がないかを確認することが重要です。
購入することで節税や相続対策に使うことができます。
入居者を得られなければ思ったような現金収入を得る事ができなくなるリスクがあるため、その点においても説明をしてくれる不動産業者を仲介者として選ぶことが失敗しないためにも必要です。