投資顧問は本当に役に立つの?

経済低迷
1990年代初めにバブルが弾けてから日本は長期間経済が低迷したままになりました。
そしてデフレ時代の時代がずっと続いているわけですが、そうした時代を背景にして金利は低くなったままになっています。
今では「低く」なったを通り越してマイナス金利にまでなっています。
そのような経済状況ですので現金を銀行や郵便局に預けても大して増えないのが現実です。

現金はそのまま持っているのも一つの方法ですが、やはり運用することを考えるのが現金を持っている資産家の正当な対策です。
資産の運用としては預貯金を除くなら不動産投資という選択肢もありますが、不動産投資の場合はかなりの金額が必要ですし、不動産に関する知識や情報が重要になっています。
しかし、多大な金額を持っているのはやはり企業など法人が圧倒的に多いですし、知識や情報においても同様です。
ですから、多大な現金や資産、知識、情報を持っていない個人にとっては適当な資産運用先とは言えません。

そのような個人が資産を運用するとなりますと、株式や債券に投資することが最適な運用法の一つです。
通信手段の発達やインターネットの普及により、昔に比べますと個人でも株式や債券についての情報は格段に手に入りやすくなっています。
ですが、やはり専門家ではありません。
金融の世界は専門的な知識がとても重要な意味を持つ場面が多いですし、タイミングの問題もあります。

昔と違って株式や債券に投資する際はタイミングというのはとても重要な要素になっています。
特に初心者ではそうしたことに適切に対応することはかなり困難です。
そのような初心者のために投資顧問という職業があります。
投資顧問業というのは株式や債券に投資する人に適切なアドバイスを提供するのが役割です。
投資顧問を行う会社を投資顧問会社といいますが、投資顧問会社には「投資助言代理業」と「投資運用業」の2つの種類があり、内閣総理大臣の許可を受けた会社だけが名乗ることができます。

初心者におすすめな投資顧問業者の紹介

「投資助言代理業」と「投資運用業」のそれぞれの役割を大まかに説明しますと、投資判断と有価証券の売買・発注という「実務の有無」にあります。
簡単に言ってしまいますと、前者はアドバイスは行えますが、最終的に売買・発注を行うことができません。
それに対して後者はそれらも行うことができます。
これらの業務内容は金融商品取引法によって厳格に区別されていますので注意が必要です。

投資顧問会社が扱う金融商品では株式、FX、先物、オプション取引、投資信託の4つが主なものですが、それぞれについて適切なアドバイスを行うというサービスを提供することが役割です。
この中でも初心者にも知られているのは株式と投資信託ですが、最近ではあとの2つの金融商品も初心者に浸透してきています。
ですが、専門的な知識な情報は初心者には難しいところがありますので、投資顧問会社のサービスの役割が増してきています。

このように初心者が金融商品を購入するときに投資顧問会社が果たす役割は大きなものがありますが、サービスの提供を受けるときは注意が必要です。
理由は、家電製品などのように目に見えるものを購入するのではなく、目に見えないサービスという商品を購入するからです。

投資顧問が提供するサービスにはこのような特性がありますので契約する際の料金についてもしっかりと確認することが大切です。
例えば、料金の決まり方一つについても契約内容によって料金が異なってきます。
具体例を紹介しますと、契約内容には「期間契約」「単発契約」「成功報酬契約」「ポイント契約」などがあるのが一般的ですが、その組み合わせる型によって料金が全く異なってきます。

このように料金に関してだけでも複雑な要素がありますので、契約をする際は慎重に見極めることが大切です。
健全な投資顧問会社を選ぶ判断基準として「日本投資顧問業協会」の会員であるかどうかを参考にするのも一つの方法です。