株初心者におすすめの証券会社

おすすめの証券会社を紹介する男性
かつて株取引を行うのは、資産家が自分の資産を増やすために行うイメージがありました。
ですがインターネットが普及し、ネット上で手軽に株取引が行える様になって以降は、資産家だけでなく、一般的なサラリーマンやOLといった人々も積極的に株取引を行っており、かなり身近な存在となっています。
ただし手軽に株取引を行える様になったとはいえ、初心者の場合は、どの様に始めるべきか分からなかったりするので、注意が必要です。

初心者が株取引を開始する際にはまず、当然ですが取引を行うためのお金を準備しなければなりません。
というのも投資というのは、初心者がいきなり勝ちまくれる程に甘くないケースがほとんどです。
だからこそ、まずは取引の方法や流れ等をしっかりと把握するために、少額の投資から開始してみる事が無難だと言えます。
間違ってもいきなり貯金の全てを投資するといったやり方は、避けるべきです。

そんな風に投資する予算を決めた後に、注意が必要なのは、証券会社選びだったりします。
というのも選ぶ証券会社により、取引の際の手数料の金額に差があるケースが少なくないです。
同じ銘柄の株式を売買しても、手数料が高いとそれだけ儲けが減ってしまう事になるので、注意しなければなりません。
だからこそ、証券会社はある程度慎重に選ぶ必要があります。

もっともネット上で証券会社探しを行うと、松井証券やSBI証券、東海東京証券等、実に様々な証券会社を見付ける事が可能です。
しかもこれらの証券会社は、大きく分けてネット証券と総合証券とに分ける事が出来ます。
そして松井証券とSBI証券はネット証券で、東海東京証券は総合証券という分類が可能です。

松井証券やSBI証券の様なネット証券の特徴としては、手数料が安いというのがあります。
特にデイトレードの様に頻繁にトレードを行う手法の場合、手数料の差がかなり大きな金額差を生むので、注意が必要です。

一方の東海東京証券の様な総合証券の場合、手数料は高めに設定されています。
ですがその分、サポートが充実しており、1対1の対面による資産運用の相談等を行う事が可能です。

松井証券が株初心者におすすめな理由

株取引の初心者の人は、一見、東海東京証券の様な総合証券の方が、直に資産運用の相談が出来る等、安心なイメージがあります。
ですが初心者の人は、株取引に対する適正も分からない状態なので、本格的に取引を続けるかも定かではありません。
そんな状態で手数料の高い取引で、儲けを出して行くというのは、難しいです。
何より東海東京証券の様な総合証券は、ある程度大きな資産で長期的な取引に向いているので、初心者にはおすすめ出来ません。

初心者だったら、松井証券やSBI証券の様なネット証券の方が、気軽に始められるので、おすすめです。
ただしネット証券というのは、松井証券やSBI証券以外にも、現在かなりの数の証券会社が存在しています。
そんな中、初心者が選ぶべきネット証券として、おすすめ出来るのが、松井証券です。
松井証券の創業は、1918年と非常に古いので、新規のネット証券と比べて長く続いている分、信頼性が高いというのがまずは魅力的だったりします。
しかも独自のサービス展開を行う事により、これまで長く投資家達に利用されて来たという確かな実績もある所も、心強いです。

そんな松井証券を初心者におすすめ出来る理由として、他のネット証券と比較しても株取引を気軽に始められる所だったりします。
特に大きいのが、1日の約定代金の合計が10万円以下であれば、手数料が0円という点です。
お陰で初心者が取引の流れを掴むために、少額取引を行う際に手数料が必要ない分だけ、他の証券会社に比べてお得に取引出来ます。
なので気軽に株取引を開始出来るという魅力が、松井証券にはあります。

更に松井証券は、料金体系もシンプルであり、公式サイトをチェックすれば直ぐに理解可能です。
しかも通話料無料でサポートサービスが受けられる等、初心者に優しい証券会社となっています。